やっと一通りのことが済んできました。
これから徐々に更新を以前のようにしていきたいと思います。

更新しないない間、タイトルにもある通り
JAJANのコレクションケースを購入し、組み立てていました。
今回はそのことについて書いていきます。
DSC_1323ss_0004_111


広角で撮っているから、思いっきり歪んでますけど
実際はちゃんと真っ直ぐです。
脇においてあるダンボールの中は棚用のガラス板が入っています。
大きいもの(ドールとか)置くとなると、余っちゃう。
また同様のケースを買った時に、使う機会があればいいなぁ。

超ワイドコレクションラックは上下2つに分かれており、
どちらも高さ、幅は一緒です。そこにガラス板を差し込んでいき、
フィギュアを置く場所を作っていくわけです。

組立自体はそれほど難しくなく、
他の作業の合間を縫って組み立ており、
大体2時間くらいで 組立が終りました。 

その際、六角レンチでネジを回すのですが
グッと差し込まないとすぐナメてしまいます。
付属している六角レンチのサイズが合っていないわけではないんだけど
ネジへの刺さり方がどうも浅い。
なのでちょっと余所に気をやって力をいれずに回すと
こんなふうに。これでもまだ回せたので良かったですが。

IMG_0928


ケースの大体の大きさを感じ取ってもらうため
フィギュアを数体置いて撮影してみました。
DSC_1313ss_0001_11
 
両端に開いている穴に部品を刺し、
一番上と一番下にガラス板を設置する形をとっても、
ねんどろいどを余裕で置ける高さが出来上がります。

下から2段目は1/6スケール辺りのフィギュアを
置ける高さにしてみました。
奥行は2つくらいは余裕です。3つは難しいでしょう。

高さは遠坂凛フィギュアの 
s23453636245245764

この一番上の髪部分がギリギリ位です。
あと数ミリ?でガラス板にくっつく。
ロビンなどはウェスタン帽を被せていても
小指くらいのすき間があり、まだ余裕でした。

横幅はセイバーオルタのエクスカリバーを邪魔しないようにして置くと
大体4体。邪魔する形wにするかエクスカリバーをおとなしいものに替えたりすれば
5体はおける。
sssDSC_1332ss_0001


下の段にはドールを置いてみました。
ついでに背面にはオプションの背面ミラーを設置しています。
DSC_1315ss_0002_111

ドールもゆったりと置けます。
ただ高さ的にはドールを置くと他の段には、ねんどろいどとか
写真にあるように、ねんどろいどぷちとか置く他ないかなーと思います。

ねんどろいどぷちで奥行をざっと測ってみた。
ssssDSC_1318ss_0003
 
魔法少女衣装を纏ったマミさんが一番奥になり、
全部で9体おいてあります。
もうすこし間隔を詰めると10体いけるかな?
でもぎゅうぎゅうにしても、後々変にフィギュア同士がこすれて
色移りしたりして大変なことになりそうなので
9体が限度、だと思います。

今回組み立てる際、ちょっと一工夫。
2chケーススレみて、なるほどなーと思い
私もやってみた。というか、これからやると言うべきか。
sssDSC_1339ss_0002
sssDSC_1342ss_0003
 
この一番下の空間、本来は板を組み込んで
この空間ができないように組み立てるよう説明書には書いてある。
でも2chスレにあったように、実にもったいない空間なのだ。
こうして使用していないフィギュアパーツなどを
置くスペースに使えるというのに。

使うはずだった板は、取っ手と
ローラーキャッチとか
00071525-1b
もしくはマグネットキャッチなどで使いやすい棚にしてしまう計画である。

300-5348

 
この空間が標準で収納棚になってくれれば
よりオススメなコレクションケースになりそう。

奥行39cmは少々大きすぎたかな?と思いつつも
組み立ててフィギュアを飾ってみれば、そんなことはなく
ゆったりと飾れる良いケースだと感じました。