Lr4-001
Lr4-002
Lr4-003
悩む
今回はヴェルテクスから発売された閃乱カグラの斑鳩フィギュアを
撮っていく。

ファット・カンパニー版の斑鳩も撮ってはいたんだが、
時間の都合で結局レビューしないままになっていた。
急ぎで現像したこれがファット・カンパニー版の斑鳩になる。

Lr4-002
Lr4-001

照れ
これとどう違っているのかも見ていく。


Lr4-004
顎当て
説明書などは無し、
フィギュア本体、パーツや台座も複雑なところもなく
簡素に収まっている。

Lr4-005
Lr4-006
Lr4-007
Lr4-008
Lr4-009
Lr4-010
Lr4-011
Lr4-012
Lr4-013
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-016
Lr4-017
Lr4-018
Lr4-019
照れ
実のところ、髪の毛がプライズフィギュアっぽいかな、とか思っていたが
そんなことは無かった。パッと見そう見えてしまうが、
毛先まで丁寧に作られており、まだまだ戦える「闘気」を
髪の毛全体で表しているのだろう。
そしてまたその姿勢を支える脚の造形などは
肉付きが良く「強さ」を漂わせている。

プライズフィギュアっぽいといえば、破けている衣服だろうな
変に厚ぼったいところがあるせいで、プライズ臭を感じたのだと思う。
細かくするか、鋭くするか、どちらかをやって欲しかった。

刀がちょっと持たせにくい。上手く持たせると
少しの振動で落とすこと無く固定できる。

表情や顔が少し「人形」っぽいところがあるかなと感じたが
斑鳩のイメージを損なわずにいてカッコ良く出来ている。


Lr4-020
悩む
この破けている衣服のみキャストオフが可能だ。


Lr4-021
指差し2
こんな風にお尻がハッキリ見えるようになるわけだが、エロい!というよりは
力が入っているお尻、という感想だな。


Lr4-022
Lr4-023
Lr4-024
Lr4-025
照れ
キャストオフすると、厚ぼったい衣服の下にあったお腹が出て
なんだかスッキリとする。その分髪の毛の迫力が増し、
今にも飛びかかろうとする戦闘の雰囲気が強くなっている。

Lr4-026
照れ
闘いとなればある程度極端に照明を当てたりすると影が強調されて
緊張したイメージが増す。こうして飾ったほうが良いかもしれないな。



平常1
ファット・カンパニー版を、より一層格好良くすると
どうなるのかな?という結果、創りだされたのが
ヴェルテクス版なんじゃないかと、そんな風に思いました。