前回の記事だけではまだまだ
このフィギュアーツZERO ボア・ハンコック&サロメのいい所を伝えきれん!
ということで2回目の記事です。

Picture 1_1



ハンコックの右腕は取り外すことができるようになっており、
右腕を曲げているVer.と真っ直ぐ伸ばしているVer.の2つ用意されている。

Picture 32


で、真っ直ぐ伸ばしている腕はサロメなしでもいいように、ということのために
あるパーツのようである。
早速それをつけてみると・・・・!


Picture 2_1Picture 4_1

カメラが寄っている所から判るとおり、脇に目が行ってしまった。
はみ出ているおっぱいもなかなか良いのだが、今は脇!
妙に惹かれてしまいました。脇フェチってわけでもなかったのになぁ。

反対側、腰に手を当てている左側の脇も・・・!

P1000814 
P1000816

どうでしょうか。
フィギュアは小さくともこの魅力ある脇はなかなかクルものが
あるんじゃないかな? 本場のフェチ好きにとってはどうなんでしょう。


では右腕を最初のモノに戻して、サロメとの一枚!

Picture 6_1


サロメの目線を追って撮るとハンコックはちょっとあさっての方向へ視線を
やっている感じになる。サロメを可愛がる感じの視線、もしくは表情も欲しかった。
とは言え、キリッとした目や軽く笑みを湛えた表情はハンコックならではの
傲慢とも言える誇りの高さを確実に伝わらせてきます!

Picture 19_1
Picture 21_1


今度はハンコックなしでサロメのみのアップ。
P1000793
P1000795
P1000796


後ろ胴体のところには穴が空けてあり、ここに付属の透明棒を刺し
サロメと台をつなげて安定感をだします。
P1000797

台に書いてある「わらわ~」は必要だったのかな?
外箱だけでも良かったと思う。
P1000788
 
以前手にした「Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-DX ボア・ハンコック」と
並べて比較。
Picture 25_1
Picture-27_1

こうして並べて見るとやっぱり小さいっていうのがよく分かっちゃいますね。
でもNEO-DX ボア・ハンコック にはない魅力を確かにZERO ボア・ハンコック&サロメは
もっています。サロメもいるし♪