Lr4-002
Lr4-003
Lr4-004
決め
前回の「稲葉 りんね」レビューに続き、今回は同時発売された
赤名累フィギュアを撮っていく。

 
Lr4-006
Lr4-001-2
Lr4-005
Lr4-001
顎当て
稲葉りんねとは違って替えパーツは表情のみと、少なめ。
あとは付属のポストカードと、あみあみ特典のポストカードだ。


Lr4-020Lr4-021
Lr4-022
Lr4-023
Lr4-024
Lr4-025
Lr4-026
Lr4-028
Lr4-029
Lr4-030
Lr4-031
Lr4-032
照れ
稲葉りんねを見てからだと、大人のフェロモンバリバリだな。
これでもかと大きく張り出したオッパイ、造形や塗装もバッチリだ。
表情も特に違和感なくイメージ通りと言っていいだろう。
ただ手がちょっと拍子抜けというか、スッキリしすぎ。


 Lr4-033Lr4-034
Lr4-035
Lr4-036
Lr4-037
照れ
下着が見えそうで見えないギリギリのタイトなスカート。
そこから伸びる太ももの造形に惹かれてしまうな。


Lr4-038
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-016
Lr4-017
照れ
顔パーツを替えてウィンク。全体的なポーズからいって
こっちのほうが似合っていると思う。


Lr4-007
指差し2
赤名累も稲葉りんね同様、キャストオフが可能だ。


Lr4-008
Lr4-009
Lr4-010
Lr4-011
Lr4-012
Lr4-013
照れ
キャストオフをすると、こうしてデザイン性のある大人な下着が露わになり、
お尻に隠れて見えないくらいに紐が食い込んでいるのが解るわけだ。
丸いお尻から伸びる脚も綺麗で見惚れてしまう。
下から除くとスジっぽい模様があるが、これは下着の模様だろうな。


Lr4-039
Lr4-040
照れ
「大人のジャイロゼッター」を存分に味わえる赤名累フィギュアだった。
単体だけでもいいが、ここはやはり稲葉りんねも隣に飾ってあるほうが
雰囲気が整う感じがしてなお良いと思う。



平常1
おまけ。赤名累の更なるキャストオフ。


Lr4-018
ほお
上半身、下半身を分かれさせて上半身を下から見た状態。
何やら衣服の奥にもう一つ何かあることが解ります。
ここを見るためには、デザインナイフなどを使い
衣服を切り取らないといけないようです。
丁度良く?線も入っていますので、それに添って切り込みをいれていきます。


Lr4-041
Lr4-042
くっ
ある程度切り込んだ後は手で引っ張っていけば、取れます。


Lr4-043
Lr4-044
Lr4-045
Lr4-046
Lr4-047
Lr4-048
平常1
ちゃんと造形され、塗装もされているブラジャーが露わに。
ここまで作っているのであれば、上半身のほうも簡単にキャストオフ
させてほしいものですが・・・あくまでオマケ扱いなのかな?


Lr4-049
くっ
背中側の方にもなにか・・・というわけはなく、ブラの造形、塗装は
前のみです。

またここまでしてしまうと、もう元には戻すことはできません。
接着剤である程度は戻りますが、完璧な元通りの状態にはなりません。
もしも、やる時は自己責任でお願い致します。