Lr4-001Lr4-002
Lr4-003
悩む
今回はホライゾン、浅間(+トーリ)と続いて登場した本多・二代を
撮っていく。

浅間とホライゾンフィギュアのレビューは以下参照だ。

MaxFactory版
「境界線上のホライゾン 浅間・智」を撮ってみた【評価★:8.7/10.0】

【レビュー】「モエコレPLUS 境界線上のホライゾン 
ホライゾン・アリアダスト/P-01s」を撮ってみた【評価★:6.7/10.0】

Lr4-005Lr4-004
Lr4-006
Lr4-006_2
Lr4-006_4
Lr4-007
Lr4-008
顎当て
ブリスターに収まっているのはフィギュア本体に蜻蛉切など
それほど多くはない。後は説明書といったところか。

蜻蛉切は2つに分かれていて、手の構造が差し込む形になっている。
持たせた時の長さが約35cmになる。
ただ少し斜めに持つので、飾る時の必要な幅は
35cmよりは小さくて済む。とは言っても30cm以上は絶対だ。


Lr4-012
Lr4-013
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-017
Lr4-018
Lr4-019
Lr4-020
Lr4-021
Lr4-022
Lr4-023
Lr4-024
Lr4-025
Lr4-023_6
Lr4-026
Lr4-027
Lr4-028
Lr4-029
Lr4-032
Lr4-033
Lr4-043
Lr4-041
Lr4-037
Lr4-036
照れ
真正面からだと「あれ?本多・二代かな?」って感じだが、
少し横からなどみれば、なるほどバッチリ本多・二代だ。
髪の毛や衣装の動きのある揺らめきはなかなか良い感じ。
身体のほうもそれに合わせて、もっと捻った動きを見せても良かったと思う。

オパイよりお尻のほうがテカリもあるせいかエロい。
各部パーツの造形、塗装ともに丁寧な方だろう。脚の所に塗装のハミ出しが
あったが、拭いてとれるものだったので問題なしだ。


Lr4-010
Lr4-016
照れ
元イラストのBDソフト第6巻パッケージとなるべく同じように撮ってみた。
もっと眼に力をいれて怒ったような感じをだしても良かった。
身体の捻りはこれ以上やると、他の方向から見た時
奇妙な身体を晒してしまうのかもしれないな・・・。


Lr4-006
指差し2
先ほど紹介したこのパーツは洗濯物で
蜻蛉切に付けることが出来る。


Lr4-037_6
悩む
これもBDソフト第6巻が元。ちょっとしたパッケージのお遊びを
フィギュアでも取り入れているわけだ。

Lr4-038
Lr4-039
Lr4-040
照れ
下着(下腹部パーツ?)は蜻蛉切が斜めのせいでスルスル滑ってしまう。
他のパーツに引っ掛けるような形にすれば、変に重ならないで済む。


Lr4-048
Lr4-049
照れ
もっと動きがあっても良かったかな?という心残りもあるものの、
こうしてなかなか格好良くフィギュア化されたこと自体、嬉しいものだと思う。



平常1
おまけ。古写真っぽく。

Lr4-050

平常1
蜻蛉切の幅があるため少し棚整理。余裕があれば蜻蛉切含め
格好良く飾りたいところです。