Lr4-001
悩む
さすがにそういうメーカーではないので
アヘ顔パーツなんてのはついてないが、
ダブルピースが眼を引く
「ぴーす★きーぱー」デイジーを撮っていこう。


Lr4-003Lr4-002
Lr4-004
顎当て
フィギュア本体と台座は一体型。髪飾りは予備が付いている。
髪飾りは少し挿しにくいが、変に力を入れずにゆっくりやれば
折ることなくイケるだろう。

説明書を見ると分離させることも可能だが、
どうしても足の裏に付いている台座を取りたい時はプラスドライバーが
必要になってくるぞ。


Lr4-005
Lr4-006
Lr4-007
Lr4-008
Lr4-009
Lr4-010
Lr4-011
Lr4-012
Lr4-013
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-016
Lr4-017
Lr4-018
Lr4-021
照れ
見る角度で結構顔の印象が違う。横や下から見ると
妙に幼く見えてくる。真正面、上から見ると少々年齢が上がって
お姉さんっぽく見えてくる。

表情は全体的にTonyらしさが少々足りないかな?と思う。
それでも充分に可愛いのは変わりないんだがな。
うっすらと半透明の向こうに見えるおヘソにグッと来る。

瞳に何か光がテカっているかのような
塗装は立体感が出ていて面白い。
袖辺りに汚れがあるが、
これは丁寧に拭いていたら取れた。

ダブルピースしている指は丁寧に作られており、その奥にある
おっぱいは、ゆるく潰れていて実に柔らかそうである。


Lr4-023
Lr4-019
Lr4-020
Lr4-022
Lr4-027
Lr4-024
Lr4-025
Lr4-026
照れ
おしりの食い込みが変に深い。やたらとピッチリしたものを
履いている設定なのだろうか? 普通に下着程度のものを
想像していたので、この食い込みはおかしく感じている。


Lr4-031
Lr4-029
照れ
ベースなしでも立たせることは可能だが不安定なので、やらないほうが無難。
また説明書にならって、造花を置いてみた。
やはり妖精には花がよく似合う。


Lr4-032
Lr4-033
Lr4-034
照れ
開いている場所に入れようとしたら、引っかかってしまったので高さを
調べてみた。オーディンスフィアのメルセデスは
同じような羽をもっていたので取り敢えず一緒に撮ってみた。

高さを言うなら1/5スケールそに子が入るところ、
約30cm以上なら余裕という結果だな。


Lr4-028
照れ
デコマスと比べるとちょっとTonyっぽく無いかもしれない。それでも
この大きさの妖精っていうのは飾ってみると華があり、そこに更に
花を飾ってやるとより華やかになる。



平常1
いかにもファンタジーなキャラクターで
この大きさのフィギュアというのは貴重な気がします。