Lr4-001Lr4-002
決め
今回は、電撃屋限定で発売された
「四宮ひまわり Director’s Edition」を撮っていく。 

 
Lr4-003Lr4-004
悩む
フィギュア本体と台座、それに麦わら帽子が入っている。
帽子は取り外し可能なタイプだ。


Lr4-005
Lr4-006
Lr4-007
Lr4-008
Lr4-009
Lr4-010
Lr4-011
Lr4-020
照れ
四宮ひまわりのイメージはそんなに崩れてない造形ではある。
幼く顔立ちで頬染めてる可愛いひまわりだ。

髪の毛がパッケージ写真と違って毛先の鋭さがなくなり、丸っこく
なってしまっているのは、仕方のない事として見るしか無いのだろうな。
個体差だと思われうが、髪の毛の接着や塗装に粗い部分があった。
限定販売なのに、ちょっとクオリティが低い部分を見てしまうと
気落ちしてしまう・・・。


Lr4-012
Lr4-013
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-016
Lr4-017
Lr4-018
Lr4-019
照れ
たわわなオッパイの谷間を隠しているオペレーションキー、
塗装がプライズっぽい感じがあるのは残念。
また、首に掛けている紐は細い針金のようなものになっている。

オペレーションキーを空中に浮かせた表現も出来るのは良い。
しかし、その針金の金属感は無くして欲しかった。
パッケージ写真では黒いひもっぽいものになっているわけだし。

お尻の割れ目が水着を透けて見えちゃっているように撮れたが
これは塗装による影なので間違わないように。


Lr4-024
Lr4-001-2
照れ
腋の造形、この辺りは力を入れていると見る。
艶やかなポイントなわけだし。


Lr4-001-3
照れ
四宮ひまわり自体は充分に可愛いし、ビビオペ作品が好きであれば
持っていたいと思えるものだろうな。けれど限定販売したのであれば
もっとクオリティの高いものであったなら良かったな。



平常1
今回の製造はグリフォンなのですね。
そうと知ると、この出来もなんとなく納得してしまいそうに・・・。

この後、60cm級のデッカイ四宮ひまわりが出てきますけれど
そっちはどうなるのかなぁ・・・。