Lr4-001
顎当て
ちょっと大きめな箱で届いたそれは、ファット・カンパニー製の
シンデレラガールズフィギュア第1弾!城ヶ崎美嘉であったわけで。
早速撮っていこう。
 
Lr4-003
Lr4-002
Lr4-004
Lr4-006
Lr4-023
Lr4-024

ee1a6bd9
グッドスマイルカンパニーから出ているものと大きく違うのは台座。
こちらはとにかく派手。パーツも豊富で小さな城ヶ崎莉嘉付きだ。
台座アクセサリーパーツがやや組み合わせづらかった。
はじめに台座をドライヤーで温めてからやると良さそうだ。

Lr4-007
Lr4-008
Lr4-009
Lr4-010
Lr4-011
Lr4-012
Lr4-013
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-016
Lr4-017
Lr4-018
Lr4-019
Lr4-020
Lr4-021
Lr4-025
Lr4-026
照れ
台座の派手さにフィギュア本体が負けてる、なんてことはなく
身体の凹凸、塗装がしっかり成されている物に仕上がっている。
背中側に磁石が仕込まれているので、少々の揺れで落ちたりしないようになっている。

顔が少々ペッタンコっぽい感じがあるけど、イメージはそんなに崩れてないし
飾って見る分には申し分ないんじゃないかな。


Lr4-027
Lr4-022
照れ
他のシンデレラガールズフィギュアと一緒に。
あとは横になっているポーズでもいけそうだったのでクッションとか使ってみた。

グッドスマイルカンパニー製フィギュアに負けず劣らず。
細かな所の出来栄え比較するとグッスマの方が良いかなと思うけれど
飾って楽しいのはやはりファット・カンパニーが出した城ヶ崎美嘉の方と
言えるだろう。



平常1
グッスマのものより定価が3千円ほど
増しているのは、台座の分なのでしょうね。