Lr4-001
Lr4-002
顎当て
ちょっと前にFigmaの悪魔ほむらが出たわけだが、
今度はスケールフィギュアの悪魔ほむらが届いた。
早速撮っていこう。


Lr4-004
Lr4-005
Lr4-003
Lr4-006
ee1a6bd9
髪の毛の間に羽パーツを付けるのがちょっとだけ難しいかも。
あと台座と本体との組み合わせがかなり固めなので、
慎重にやったほうが良いだろう。


Lr4-007
Lr4-008
Lr4-009
Lr4-010
Lr4-011
Lr4-012
Lr4-013
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-016
Lr4-017
Lr4-018
Lr4-019
Lr4-020
Lr4-021
Lr4-022
Lr4-023
Lr4-024
Lr4-025
Lr4-026
照れ
明日の献立を考えているかのような表情で
暁美ほむらとしてのイメージが変に崩れていたりはしてなかった。
視線を合わせると見下し感たっぷりだ。

リボンは塗装がしっかりされているわけだし、
髪の毛にも、もうちょっと細かい塗装が欲しかった所だ。
また羽の一部に塗装欠けがあったのが残念。

下に広がるドレス部分のうねった造形は見応えがある。
ただ何箇所かパーツの接合線が見えている。
結構近くで見ないと分からないし、後ろ側なのであまり
気にしなくても良いかも


Lr4-027
Lr4-028
Lr4-029
Lr4-030
Lr4-031
Lr4-032
Lr4-034
Lr4-033
Lr4-035
Lr4-036
Lr4-037
照れ
表情、腕、羽パーツを交換。
表情を変える際は羽も一度外さないといけない仕様だ。
そう頻繁に変えることもないと思うし、これは仕方ない事と割り切れる。

アニメ「ギャグマンガ日和」の「シール」に
出てきた笑顔を思い出してしまった。
先ほどの献立考えてる表情よりこちらの方が
雰囲気的にも合っていると思うし好みだ。

羽の形を変えられるのは良いのだが、安っぽく軽すぎな印象もあるので
ドレス並の造形でやって欲しかった。

摘まれているキュウべぇはちょっと雑。
さすがにこんなに小さいと無理が来るのだろう。


Lr4-039
Lr4-038
Lr4-040
Lr4-041
照れ
アルティメットまどか、figma悪魔ほむらと一緒に。
比較するとちょっと迫力不足なところもある。もっと禍々しく
髪の毛を荒立てても良かったのかもしれないな。
でも、背景変えればその禍々しいものも補えるし
こうして飾るのも有りだろう。

期待していたものより、ややクオリティ下がった印象だが
アルまどと一緒に飾っておきたいと思える一品だ。



平常1
首元辺りにホコリがくっついたまま撮ってしまいました。
角の多いフィギュアだからいつの間にか
付いてしまったのでしょう・・・。