Lr4-001
顎当て
アルターからのToLoveるフィギュア、第3弾!
今度は古手川唯の番となった。早速撮っていこう。


今までのレビューは以下参照だ。

【レビュー】アルター「To LOVEるーとらぶるーダークネス 結城美柑」を
撮ってみた【評価★:9.2/10.0】

【レビュー】アルター「To LOVEるーとらぶるーダークネス 結城 美柑 スク水Ver.」を
撮ってみた【評価★:8.9/10.0】


Lr4-002
Lr4-003
Lr4-004
Lr4-005
ee1a6bd9
付属パーツは手帳と台座の2つ。手帳のもたせ方は
特に難しいものでもないのであっさり出来るはず。
手帳の「ハレンチな!!」と書かれている部分以外はちょっと解読不可能かな。


Lr4-006
Lr4-007
Lr4-008
Lr4-010
Lr4-011
Lr4-012
Lr4-013
Lr4-014
Lr4-015
Lr4-016
Lr4-017
Lr4-018
Lr4-023
Lr4-022
Lr4-019
Lr4-020
Lr4-024
Lr4-025
照れ
もうどの方向から見ても古手川唯、そのもの。再現度が半端ないと言えるだろう。
爪など細かなところの塗装も雑にはなっていない。
内履きは簡素すぎる印象もあるが、その分身体に力入っている。

髪の毛のふわっと流れる形も良いし、何よりも目を惹く乳袋ことオッパイ。
大きすぎないだろうか? 乳袋になっているから余計に大きく見えてしまって
いるのかもしれない。

スカートを抑えている手の位置関係で、
角度によっては「履いてない」ようにも見えてしまうのは良いオマケ。
よーく見れば下着は見えるが影になって見えづらい。


Lr4-026
Lr4-027
Lr4-028
Lr4-029
Lr4-030
Lr4-031
照れ
スカートのキャストオフも出来るようになっている。
こうなると、右腕はどこか別の場所を抑える用の交換パーツが欲しかったところ。
下着の造形も手抜かりなし。うっすら肌色塗装もしてあって
透けている感を足しており、色気も忘れていない。

再度スカートを穿かせる時、お尻との接触、擦りが気になるが
うまくやればあまり擦らずに履かせることも出来る。


Lr4-032
照れ
同じ立ちポーズの結城美柑 水着Ver.と一緒に。
結城美柑の子供っぽさ、古手川唯のムッチリ感が良く分かる。
並べて飾ってより一層映えてくる。
財布の関係で古手川唯だけだったとしても、
決して損はしない出来栄えだ。



平常1
おまけ。紺堂夢のパーツを持たせてみた。
紺堂夢レビュー:http://maruran.bloggeek.jp/archives/40481612.html

Lr4-001-2